読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年は院試か…

 今日は空きコマである3・4限に志望している大学・専攻の院試の過去問を見た。 3年生にもなり大学で学部生として学ぶべき内容は大体終えていると自負していた、院試は落ちることがほとんどないという風の言い伝え この2点から余裕のよっちゃんで解けるものだと思っていたが現実はそう甘くなかった。実際に手を動かして解いたわけではないが、解けるのは大体6~7割といったところだろうなと感じた。

 

 実際の試験ではここにプレッシャーや苦手な英語試験の項が効いてくるため見込める点数はそれよりも低くなるのは明らかだ。 「単位を取るのに6割が必要」と考えると、内部生はそれ相応に単位を取ってきたから4年生になっているのであって、知識が抜けたとしても少し勉強をし直せば6割以上の力を得るのは容易いことだろう。更に大学の教員陣が重視している、つまり期末試験や演習etc...で取り扱ったことのある問題に似通った問題が多く出題される(東工大の院試にはその傾向はあった)ことを考えると一度解いた問題なだけあって対策もしやすく更に内部生が有利になる。これらを踏まえると7割は確実にとれるようにしておかないと門前払いで終わる気しかしない。

 

 ギリギリで大学院に合格したとしても、自分の第一志望の研究室に行けなければわざわざリスクを冒して他大院を受けた意味がない。確実に自分の第一志望の院がもし人気だったりしたら8割だったり9割だったりを狙っていかなければいけないのではないだろうか・・・と思うと普通に厳しいなというのが現状だ。

 

 院試を今回見て気づいたのはそれだけでなく、自分の履修の仕方も間違えていることに気付いた。これはどこの院でも当てはまることだろうが、基礎+専門の2部で試験が構成されている。"専門"は名前の通り深いところまで込み入った問題は出題され、僕の志望先では「物理学」、「物理化学」、「無機化学」、「有機化学」、「生化学・分子生物学」の中から2つ選択する。僕はこの中だと物理学と生化学は未習であり無機化学があまり得意ではないので、物理化学と有機化学を選択するつもりであった。物理化学の方はまぁ何とかなると感じたが、有機化学の問題にはある程度の合成有機の素養をつんでいないと解けそうにない大問があり、合成有機化学の講義をめんどいからいっかwと言いながら2Qに履修しなかった僕は泡を吹いた。いやいやいやいやと半泣きになりながら藁をもすがる勢いで無機化学の問題を見たら固体化学をやってないと厳しそうな問題があって気絶した。固体化学もめんどいからいっかwと言いながら2Qに履修をしなかった自分を恨んだ。大学の卒業に必要な単位を揃えて満足してしまった意識の低い僕が痛い目にあうのはまぁ自業自得であるし、1年前に気付けただけでも良かったとしよう。大学の同期に土下座して合成有機化学講義ノートを写させてもらうしかないッスネ。

 

 院試についてはまだまだ課題がある。それは滑り止めに生工の生体分子コースの院試を受ける予定であった(現在所属している東工大理化は毎年京大理化と院試が被る)のだが、どうやら生化学が"専門"の試験として生化学の分野が必ず出題し解かなければならないらしい。もちろん生化学なんて一切勉強していない。滑り止めで滑りそうです、さようなら。

 

とりあえず勉強をしなきゃいけないことが分かったのでちょいちょいやっていこう。。。 つらい。

人生に近道なんて存在しない~Life is tikamiti nai~

 1日分の野菜 なる飲み物を見つけてこれは楽でいい、すごいと思って飲んでみたのですがアルティメット野菜をただ混ぜましたみたいな味で端的に言って美味しくなさすぎて口にあわなかったのですが、それでも無理して一気に飲んだらガチ嘔吐した。1日分で摂取した野菜を失って人生を感じた。f:id:borcyclexo:20160411003055j:plain

 

新年度

 時が過ぎるのは早いもので気づいたら大学3年生になってしまっていた。何度もしつこいほど言っているが、高校生だったら入学してもう受験生になっていると考えると、大学に入ってからの時の流れの速さはとんでもないものである。大学生は時間をほぼ自由に使えるため、僕はその使い道を遊びに注ぎ込んだからなのだろう。楽しい時間はあっという間に過ぎるんだなあ、みつを。

 

 大学3年生である。大学1年と2年は自分の思うところの必要最低限の勉強しかしてこなかったし3年もその感じで緩くいこうと思ってる。問題は4年生からどれくらい頑張るか(というより頑張らなきゃいけないか)である。どう考えても研究というものを自分ができるビジョンが見えないし相当苦労することは目に見えている。これまで特に挫折することなく、困難に直面することなくイージーモードで生きてきたから大きな壁にぶち当たることがなかなかに不安だ。

 終わって欲しくないが泣いても笑ってもおそらくこの1年が遊びまくれる最後の1年だと思っているので後悔を残すことがないよう満喫していきたい。

俺は愛知の天才ドライバー

 結論から言うと、とりあえず仮免を取ることができた。

 もちろん一つ前の技能がみきわめだったんだけどみきわめ検定の時は苦手なS字はうまくいったんだけど、検定後の練習ではS字で縁石に乗り上げまくって(酷い時には4回)大丈夫なのか不安で不安で仕方がない状態で修了検定を迎えた。集合時間が8時40分という早朝で、かつ雨も降っていたので今朝は本当に鬱病だった。修了検定は5人1組のグループに別れてその中で順番に技能のテストをしていくわけだが運が悪いことに僕は一番最後だった。一番最後ということは運転が上手くいくか不安で仕方ない、この心臓に悪い状況を誰よりも長く味わうということである。待ってる途中お腹が痛くなりまくってめっちゃ下痢した。力を入れすぎて血も出た。だけど何故か本番になるとさっきまでの緊張が嘘みたいに消えて今までで一番上手く運転できたと思う。前回乗り上げまくってたS字も乗り上げることどころか停止することもなくスイスイ行った。車校に通ってから初めて運転が楽しいと思った瞬間だった。

 昔から何だかんだで本番になるといつもの実力以上の力が出せたりするし本番に強いのかもしれない。

 

 TOEICも結構いいかんじに終わったし結果が楽しみだ。

 

 TOEICと仮免で死ぬほど鬱病になると踏んでいたのに気分良く終わったのはいい想定外だった。 ここからは怒涛の春休み後半戦で 楽しい がいっぱいあるので更に幸せになっていこうと思う。

ごっさむ

 今日は化学科の外部向け院試説明会に潜ってきた。途中でバレてしまいましたがね。研究内容の概要は大体知っていたのですがやはり多少は知らないこともありそれを知ることができたのは良かった。 とはいえそれは大した収穫ではなく研究室のどういったところに注目すればいいかにおいて、今まで意識していなかった要点をつかむことができたのが一番大きい。現状では京大の院に進学することを考えているのだが、4,5月くらいに開かれるであろう外部向けの院試説明会及び研究紹介に活かせそうだ。一応今回僕が新しく気付いた気にすべき要点はざっとこんな感じ。

・研究室の教員あたりの学生数

・D進した人の学振状況

・他の研究室の視点から志望している研究室について

・教授の年齢(自分の修士入学~修士修了(~博士後期修了)で年齢的に退官が起こりうるか)

・まだなんか山のようにありそう、僕が気づいてなさそうなことがあったら教えて欲しいです

 

 あと昼食が無銭だったのは最高だった('_') お土産ももらえた。

f:id:borcyclexo:20160312013914j:plain

最近めっちゃほうれん草食ってる

 今日は朝に起きてそこからひたすらDQM2のイルルカやってたら昼になって夜になってた。TOEICの勉強は明日(というか今日)の一件が済んだらとりかかろうと思う。何だかんだでこの前一日使って金フレは700語+100語回したしあとは形式の慣れで前回よりは点数が伸びると思う。600はまぁ超えるでしょといったところ。

 

 あと以前前から食べたいと思ってた四川屋台の汁なし担々麺を食べた。

f:id:borcyclexo:20160309005317j:plain

たまにはblogっぽいことをしてみようと写真を撮ってアップしてみたが見た目があんまり美味しそうじゃないね。味はとても美味しかったし僕の撮影技術の問題です。四川屋台さんごめんなさい。

春休み前半戦

 技能を当日キャンセルしたら1時間あたり1500円盗られるのが本当に納得いかない。僕はインフルエンザが発症した日に技能が入っていたため当然キャンセルしたのだが、それでキャンセル料が発生する意味が分からなさすぎる。

体調悪い時は運転するな(要約) と学科教本に書いてあるにも関わらず、インフルで体調の極端な不良によりキャンセルするよりもインフルで死にそうになりながらも技能教習を受けた方が言ってしまえば金銭的には損をしないのである。ルールを破った方が得をする、流石感覚だけで生きてる人間が優位に立ち支配してる自動車学校といったところだ。

とは言え九州旅行の一週間前にインフルを発症したのは不幸中の幸いという気がしなくもない と思い込み落としどころをつけたがそもそも予防接種を打ってない自分も阿呆なので来年は打とうと思った。

 

インフルになって治った2日後にも風邪を引き、2日前にも38度近くまで熱が出てるしどうしたんだってくらい体調を崩している。明日にはちょっと気がかりな部分の診療・検査に赴くが何もないといいなあと思いつつ。というか何かあったら本当にとんでもなくめんどくさいことになりそうだ。健康が欲しい人生。

 

 成績発表はそこそこな結果だったが欲まみれな正直な考えを出すともうちょっと取りたかったなって感じで終わった。来学期はもうちょっと頑張りたいが実験が無機分析だから無理そうだ。有機実験は何だかんだで拘束時間は長いが実験手順そのものはガバガバでいいし数値の扱いやらその他チマチマしたところもガバガバで良くて点数もガバガバくるから楽だったなぁ。あと無機化学と分析化学は死ぬほど苦手だ、サヨウナラ。

 

 旅のこと以外の春休みの現状はこんな感じで今は日曜日にTOEICが迫ってきて鬱病になっている。3/18からは楽しいの連続だからそれまでは生き延びたい。